DJを始めるならPCはMacがお勧め! なぜMacなのか?

音楽

皆さんはDJが使用しているPC=Macという認識の方が多いのではないでしょうか?

実際クラブ等でも、Mac Bookを使用している方がほとんどだと思います。

私の周りでもWindowsを使用してDJプレイをしている人はあまり見かけません。

Windowsがダメな訳ではないのですが、DJは始める方でPCの購入を検討されている方は、Macを購入することをお勧めします

なぜMacなのか?

本日はその理由に関してお伝えしていきます。

Macがお勧めな理由

WindowsではDJができない?

最初にお伝えしておきますが、WindowsのPCが使用できない訳ではありません

DJプレイの方法によっても変わってくるのですが、レコードやCD、USBの音源を使用してDJする際には 、曲がダウンロード出来れば良いだけなので正直Windowsで十分だと私は考えております。

DJプレイでPCを使用するならMac一択

DJプレイ中にPCを横に置いている方は、Serato DJやScratch LiveといったDJプレイ用のソフトを使用しております。

このPCを関してプレイする際に、Macの方が良い主な理由は下記になります。

  • 意外と使い方がシンプルなので、使いやすい
  • 急なUP DATEがない
  • フリーズしても音が止まらない

一番の理由は、動作が安定しているというところです。

Macの方がDJプレイ中のトラブルが少ないと言われております。

また周りもMacを使用している方が多いので、何かトラブルがあったときでもすぐに助けて貰えるというメリットがあります。

またMacに対して使いにくいというイメージを持たれている方も多いと思いますが、案外シンプルで、慣れてしまえば操作は簡単ですよ!

見た目がかっこいい!

案外今Macを使用されている方は、「周りがみんなMacを使っているから」、「見た目がかっこいいから」という理由で使用されている方も多いはずです。

私もそういう理由でMacにしましたので。。。笑

シンプルに見た目がお洒落なのも理由の一つかと思います。

Macのデメリット

本体価格が高い

MacBook は安くても10万円前後です。またそこそこのスペックを選ぶと20万ぐらいは普通にします。

WindowsのPCなら4〜5万あれば普通に買えますよね?

上記から初期投資のハードルが高くなります。

Windowsのソフトが使用できない

WindowsからMacに買い換える際に、2台並行して使用するなら問題ないですが、Mac1本で使用する場合は、今まで使用できていたソフトが使用できない可能性が高いです。

WindowsとMacでは互換性がないソフトが多いので、上記のような問題が発生します。

まとめ

私がMacを勧める理由がわかっていただけましたでしょうか?

DJプレイ中のトラブルをできるだけ回避するためには、Macの方が適していると考えております。

これからMacを購入される方は、メモリ:8GB 以上、ストレージ:256GB 以上のスペックのものを購入されるのをお勧めいたします。

この記事を少しでも参考にしていただけましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました