簡単!格安でDJテーブルを自作!

インテリア・DIY

もう10年ほど前になりますが、DJを始めようとして決心した頃、形から入る私は速攻で機材を買いに行きました。

すぐに持って帰ってそこで気付きました。

DJを置くテーブルがないと。。。笑

ネットで注文しても良かったのですが、デザインが良いやつは結構高いので自作いたしました。

今でもその際に自作したものを使用しており、けっこう気に入っております。

本日はそのDJテーブルの作り方に関してご紹介いたします。

用意したもの

1、電動ドライバー

2、カラーボックス×4

3、布

電動ドライバー

普通のドライバーでも良いのですが、私は電動ドライバーを使用致しました。

これがあるのとないのでは作業の楽さが全然違いますので、お持ちでない方は購入をおすすめします。

カラーボックス×4

皆さんもう予想はできていると思いますが、このDJテーブルのベースとなるのはカラーボックスです。

買う機材の大きさにもよると思いますが、4つは必要になると思います。

サイズは、幅40×奥行30×高さ90ぐらいのものをお勧めします。

こちらはどちらでも良いと思うのですが、私はカラーボックスが隠れるように前面に布を貼っています。

冒頭の画像を見ていただけるとわかると思いますが、ホコリの防止と、カラーボックス感を少しでも抑える目的で設置しました!笑

私はこの方がスマートに見えるかと思います。

作成方法

カラーボックス組み立て

まずはカラーボックスを全て組み立てます。

正直ここが一番めんどくさいです。。。

ここを乗り越えればあとは楽ですので、頑張ってください!

設置

カラーボックスを設置しますが、全て横向きに設置してください。

横に2つ並べ、その上に1つずつ載せます。

そうすることにより、機材を設置する天面は平になりますので、安定します。

上下のカラーボックスを固定

少しでも安定感をUPするために、私は上下のカラーボックスを固定しました。

下のカラーボックスの天面、上のカラーボックスの底面の同じ場所に穴をあけてボルトを通すだけです。

電動ドライバーの先を、ドリルに付け替えれば簡単に穴をあけられますよ!

ちょっと見にくいですが、下の写真の左の方に銀のボルトが見えていると思います。

このように上下のカラーボックスを固定しております。

布を設置

このDJテーブルの前面のサイズを測定し、少し大きめの布を購入しました。

その布を両面テープで貼っているだけです。

かかった費用

このDJテーブルは、約7,000円で自作できました。

カラーボックスの費用と布代、あとボルトの費用ぐらいです。

これでもう10年ほど使用できているので、かなりコスパは良いと思います。

まとめ

今回はDJテーブルの自作方法をご紹介させていただきました。

カラーボックスを使用しておりますので、かなりの量の収納も可能で、一人暮らしの時でもだいぶ助かりました。

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました