格安!POYANKのデータプロジェクターを購入

インテリア・DIY

友人がプロジェクターを持っており、私もどうしても欲しくなり購入してしまいました。

即決した理由は、単純に安かったから。

プロジェクターは高いイメージがあったのですが、8,000円程で手に入りました。

買ったのはPOYANKという中国メーカーのプロジェクターです。

結論としましては、このプロジェクター最高なんです!

本日はこちらのプロジェクターに関して記していきたいと思います。

外観

コンパクトでシンプルな作りになっております。

大きさは手のひら2つ分くらいのサイズです。

スペック

画質

このプロジェクターは1080P HD対応です。今まで映画やYOU TUBEをよく映して見ておりますが、画質は特に気になりませんでした。

また、明るさは2400ルーメンとなっております。
ルーメンとは、光の明るさや量を表す単位のことです。この数字が大きければ大きいほど明るい環境でもはっきりと映像を映し出すことができます。
2400ルーメンというのはそこまで高い数字では無いのですが、遮光カーテンがあれば昼間でも見ることは出来るとと思います。

画面補正

台形補正がついており、±15度の調整なら簡単に行えます。
スクリーンに対してプロジェクターを多少斜めに置いても上記調整が行えるのですが、壁に対して平行に置くことをお勧めいたします。

投影サイズ

スクリーンとの距離を調整することにより、投影画像サイズを変更でき、32~170インチまで対応しております。距離とサイズの目安は牡蠣となります。
1m → 32インチ
2m → 72インチ
3m → 110インチ
4m → 150インチ
5m → 170インチ

私は3m程の距離に設置しておりましたので、110インチサイズで観ておりました。
見にくいですが、テレビとプロジェクターの画面を比べた写真をUPしておきます。

入力ポート

入力ポートはAV、USB、microSD、VGA、HDMIに対応しております。

このプロジェクターはスピーカー内臓となっております。
しかしあまり音質はよく無いので、イヤホンジャックからスピーカーにつなげる事をお勧めいたします。

私はamazon fire stick TVを持っておりますので、それを直接さして見ることがほとんどです。

投影環境

私はスクリーンを使用しておらず、自宅の壁に直接投影しております。

壁の表面は少し凸凹していますが、特に映像に関するストレスはありません。

使用した感想 -イマイチな点−

冒頭にも記載いたしましたが、現状とても満足しております。
しかしながら、しいてマイナス点を挙げるなら、プロジェクター本体の稼働音?が少し大きい点と音質が微妙な点です。

それ以外は不満な点はありません。

まとめ

この価格でこのスペックのプロジェクターが手に入り、とても満足しております。

持ち運びも簡単にできますので、キャンプに持って行ったりと、かなり活躍しております。

皆さんも現在購入を検討されている方がおられましたら、このプロジェクターを1台に購入するのはありだと感じておりますので、参考にしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました