プロジェクターを選ぶポイント! ルーメンとは?

インテリア・DIY

現在国内外の様々なメーカーから一般家庭向けのプロジェクターが売り出されており、ホームプロジェクターを購入される方も増えております。

しかし実際購入するとなると、どれを選べば良いのか悩みますよね。

プロジェクターを選ぶ際に、「ルーメン」というものがかなり重要になってくるのですが、今回はその「ルーメン」に関して記していきたいと思います。

ルーメンは何が重要なの?

ルーメンとは

ルーメンとは、光の明るさを表す単位のひとつです。

「lm」と表記され、身近なものでいうとLED電球等にもこの表記が使われているかと思います。

この数字が高いほど、明るく、くっきり投写できます。
同じ距離から投写した際に、1,000lmのプロジェクターと2,000lmのプロジェクターなら、後者の方がくっきり写るということです。

プロジェクターを選ぶ際の目安は

ルーメンの基準は、プロジェクターを利用する部屋の暗さによっても変わってきます。

外の光が部屋に入ってくる環境や、照明が点いている環境では視認性が低下します。

部屋を暗く出来る環境であれば、1,000lmから1,500lmあれば十分かと思います。
少し明るい環境ですと2,000lm以上のものを選ぶのをお勧めします。

注意点

上記に購入時の目安を記載いたしましたが、格安(1万円前後)のプロジェクターの購入を検討されている方は注意が必要です。

私が購入した1万円以下のプロジェクターは、2,400lmとの記載でしたが、実際はそこまでではないと感じました。
レビューでも同じようなコメントが見られましたので、これから購入される方は、製品レビュー等も参考にされた方が良いかと思います。

会議などで使用される場合

家で使用するプロジェクターと、ビジネスで使用するプロジェクターでは仕様が異なります。

会議などで使用する際は、明るい部屋で使用することが多いですよね?

上記からビジネス用のプロジェクターは元々ルーメンが高く設定されております。

少人数での会議で使用する場合は、3,600lm以上。大人数(100型以上のスクリーンに投影)の場合は4,200lm以上を選択されるのが良いかと思います。

まとめ

✔︎ルーメンとは光の明るさを表す単位になります。

✔︎家で使用するには、環境にもよるが1,000lmから2,000lmのものを選択すればOK

✔︎格安プロジェクターのルーメン表記には注意

上記参考にしていただけますと嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました