賃貸でもOK! なるべく安くプロジェクターを設置する方法

インテリア・DIY

私が初めてホームプロジェクターを購入した際は、1Kの賃貸マンションで一人暮らしをしている時でした。

プロジェクターを買ったものの、当初は設置場所にかなり困った記憶があります。

そこで私がお勧めするプロジェクターの設置方法に関して、ご紹介したいと思います。

プロジェクターの設置条件

壁と並行に設置

私が持っているプロジェクターは中国製の安価なプロジェクターですので、高価格帯のプロジェクターについているような、台形補正機能はありませんでした。(多少の補正はしてくれますが。。。)

上記から、壁となるべく並行な場所に設置する必要がありました。

壁とは出来るだけ離して設置

プロジェクターは、投影場所から離せば離すほど大きく投影できるのですが、私は下の写真のような長方形の間取りの部屋に住んでおりましたので、写真右の壁に投影するときは写真左の窓ギリギリにプロジェクターを設置しなければなりませんでした。

穴をあけない

ホッチキスがあれば壁に棚が設置できるという商品もあるようですが、私の家の壁はコンクリートでホッチキスが刺さらず。。。

賃貸なので原状回復義務がございますので、壁に穴をあけるのはNGでした。

設置方法

プロジェクタースタンド

プロジェクタースタンドという製品がありますので、これを使用しました。

この製品の良いところは、とにかく安い

また自由に動かせますので、微調整がかなり簡単でした。

スピーカーなどをおきたい時は、下記のようなスタンドがお勧めです。

突っ張りラック

ラックを使用する場合は、場所の取らない突っ張りタイプのラックがお勧めです。

工具も不要なものが多く、天井に突っ張るだけでOKですので、部屋の壁際に突っ張れば特に邪魔にもなりません。

色も選べるものも多いですので、部屋の雰囲気に合わせてチョイスすればOKかと思います。

こちらは一度場所を決めてしまうとなかなか動かすのがめんどくさいのですが、見た目的にはスタンドよりも優れているかと思います。

まとめ

今回は簡単かつ安くプロジェクターを設置する方法をご紹介いたしました。

天井に吊るしたり、壁に固定したりという選択肢もあるかと思うのですが、私はめんどくさくて諦めました。。。

現在プロジェクターの置き場に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました